木製おもちゃの需要性|赤ちゃんが産まれたら出産祝いを贈ろう|喜んでもらえるギフト選び

赤ちゃんが産まれたら出産祝いを贈ろう|喜んでもらえるギフト選び

赤ちゃん

木製おもちゃの需要性

積み木

子どもに触れさせたい素材

子どもにとっておもちゃは遊ぶだけのものではなく、脳や身体能力の発育にも役立ちます。創造力を豊かにしたり指の器用さを高めることができるので、子どもにはおもちゃが必要です。現代のおもちゃの材質はプラスチックが主流ですが、最近は木のおもちゃに注目する人も増えています。その理由は、木のおもちゃの方が温かみを感じることと壊れにくいことにあります。木の温かみは木目が見える家や木で造られた食器などでも感じられるので、実感したことがある方は多いと思います。その経験から、子どもには木のおもちゃを使わせたいという声が多くあります。壊れにくさに関しては、プラスチック製の物は欠けやすく欠けた部分で怪我をする危険性が高いため、頑丈で壊れにくい木のおもちゃが選ばれます。また軽いので、赤ちゃんでも扱いやすいとされます。値段は高いものから安価なものまで幅広く、形状もいろいろあります。子どもが口に入れても大丈夫なように、木の材質や形状を考えてあげることが大切です。

木材や木目はいろいろある

木のおもちゃの目に見えて分かる特徴は、木目です。木の種類によって木目の感じは変わりますが、よく見かける木目は不揃いな縦線・斑になった模様・丸く目のようになっている木目です。一つのセットに数個の木のおもちゃが入っていると、いろんな木目を見ることができます。木目のデザインを考えて作られているおもちゃもありますが、そうでないおもちゃも存在します。値段が高めの木のおもちゃは手作りであったり高価な木材を使っているので、こだわりに魅力を感じる方にはおすすめです。比較的に安価な木のおもちゃは、安い木材を使用していることが多いです。重さに関しては、おもちゃの大きさが大きくなるとその分重くなる場合があります。木材の種類によってはもともと軽いので大きさに関係なく軽い製品もありますが、丈夫でちゃんとした木のおもちゃを選ぶ時には子どもに合った大きさ・重さ・質感のものを選ぶと良いです。