赤ちゃんが産まれたら出産祝いを贈ろう|喜んでもらえるギフト選び

レディとベビー

内祝いを選ぶなら

赤ちゃんとギフト

出産内祝いは、お祝をいただいてから1カ月前後を目安に金額の半分を目安に贈ります。インターネットからでも贈れ、命名紙や写真などつけてもらえる場合もあります。今人気なのはカタログギフトですが、親しい人には名入りグッズも人気です。

出産後に喜ばれるお祝い品

おむつケーキ

出産祝いのプレゼントで人気の品として、ベビー服が挙げられます。ベビー服は生まれてすぐ着るサイズではなく、生後半年から1年ほどのタイミングで着るサイズのものを贈るようにしましょう。また何かを購入して出産祝いとするのではなく、相手が好きなものを購入できるように現金や商品券を贈るのも1つの手です。

洋服が人気のわけ

赤ちゃんとプレゼント

サイズを考えて

出産祝いに何を贈ろうか悩んでしまう人も多いですが、人気なのは「生後半年以降で着られる洋服」です。洋服を贈るのは常に人気ですが、ポイントは「生後半年以降で着られる」という点です。生後すぐに着る洋服は特に初めての赤ちゃんの場合には家族で用意してしまっている可能性が高いものです。あまりにたくさんあっても赤ちゃんが成長してしまえばすぐに着る機会は無くなってしまいますが、生後半年以降に着られる80cmサイズのものならば家族もまだ用意していない可能性が高く、赤ちゃんの成長具合いによってはそれよりも早くから着ることができたり、1歳近くになるまで着てもらえる可能性が高いので贈る側、贈られる側双方にとって嬉しい出産祝いとなります。

人気があるものは

出産祝いに何をもらって嬉しかったのかという調査は複数の会社で行われていますが、その中でも洋服は上位に位置しています。2人目以降の子どもの場合にはおさがりを着ることが多いこともあるので別のものの方が良いかもと思ってしまいがちですが、やはりおさがりだけではなく新しい洋服を着てほしいという気持ちもあるものです。そんな時に新しい洋服を出産祝いとして贈られれば、嬉しいものです。両親の好きなブランドのものや、普段自分で購入するにはなかなか手が出ないブランドのものを友人たちと一緒に贈るのも喜ばれることが多いです。赤ちゃんの体型に関係なく着ることができるポンチョやオールシーズン着ることができるロンパースなども人気の高い出産祝いです。

積み木

木製おもちゃの需要性

木のおもちゃはプラスチック製のおもちゃと比較されますが、その素材に向くおもちゃの種類が存在します。また、それぞれの魅力も存在しますが、子どもに使わせるものとしては質感や丈夫さを考えると木のおもちゃが良いという声が増えています。